UVが皮膚に与える影響

UVが皮膚に与える影響

UVという物質は、皮膚にとってメリットもデメリットもあり、たくさんの影響を与えます。
UVを吸収することによる好ましい点と言えば、ビタミンDを作り上げ、体を丈夫にするということです。
それから体に働く以外にも、紫外線を皮膚に吸収することによりうつ病などの精神的なダメージを抑止する効果もあります。
これに対して、過度に紫外線を吸収すると日焼けを引き起こしたり、シミやそばかすなどができてしまうなどして肌の老化を進行させてしまいます。
日焼けによる皮膚の負担は顔のみならず、額や首、手の甲にはしわという形で生じることになります。
紫外線の中には3種類のものがありますが、その中のA波・B波が皮膚に負担を及ぼします。
A波は肌の深い部分にまで侵入していき、日焼けに伴って肌をカサカサにしたり黒い色に変えたりします。
つまり、しわやシミというような喜ばしくないものが現れやすくなります。
地肌の繊細さもなくなってしまうので、毛穴に開きが目立ち、肌の透明感も失われ、どんどん汚れが取れなくなってしまいます。
それに対して、B波については、肌の表面にダメージを与え、水膨れや炎症を引き起こしてしまいますそれと、角質が開くことで、免疫機能が下がってしまい、肌のかぶれ、さらにはかゆみを引き起こす可能性が高まってしまいます。
また、紫外線を長時間浴び続けると最も避けたいのは皮膚がんを引き起こすことです。
敏感な皮膚を持つ人は、紫外線を長い時間浴び続けなくても光アレルギーを起こしたりかぶれができたりします。
それから、抜け毛の状態がひどくなったり、白内障に起因したりする場合もあります。
UV対策をきちんと実施することにより紫外線の吸収を防ぎ、健やかな皮膚環境を維持しましょう。
そうしたら、十分に素肌のメンテナンスをして紫外線から与えられる肌への負荷を一定レベル阻止することができるのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加