ハイドロキノンと薬事法

ハイドロキノンと薬事法

何年か前まではハイドロキノンは医薬品の取り扱いで、医療機関に該当するところだけでもらうしかありませんでした。
しかしながら、2001年の薬事法改正によって、低レベルなハイドロキノンは、街中の薬局やドラッグストアなどでも販売されるようになりました。
化粧品に使うことも可能となって、ドラッグストアやデパートの化粧品売り場に行けば買うことが可能です。
ドラッグストアなどで売られる低濃度ハイドロキノンというのは、4パーセント以下のタイプのものとなっています。
薬局を訪れると、ハイドロキノン含有の化粧品の他、軟膏やクリームも売られているのです。
一般的に濃度が低いため、使ってすぐに良くなることはありませんが、副作用の心配はないため長期間に渡り使用可能という点が支持されています。
けれども、敏感肌の人は肌荒れやかゆみ、アレルギー反応が引き起こされる恐れがあります。
問題が起きないように、ハイドロキノン入りの製品を入手したら、つける前にパッチテストをしたほうがいいでしょう。
薬局によって、ハイドロキノンを販売していなかったり、買いたい商品が取り扱われていなかったりするので、先に聞いてみると良いでしょう。
そして、含有濃度や商品次第で、価格は違ってきます。
ハイドロキノンが使われた商品は悪くなりやすいので、できるだけ早く使い切ったり、固く封じて冷蔵庫にしまっておくのも重要です。
そして、常に薬局には薬剤師が勤務しているので、ハイドロキノンの内容について疑問点があった時には相談してみましょう。
例として、副作用を招いて重症になった際は、それ以上用いずに皮膚科を訪れましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加