芸能人の熟年離婚って誰がいる?

芸能人の熟年離婚って誰がいる?

芸能人の熟年離婚って誰がいる?

芸能人の中にも熟年離婚(それまでの不満が一気に爆発するというケースが多いみたいですね)を経験した人はたくさんいるのです。

例えば、坂本龍一さんと矢野顕子さん夫婦も熟年離婚(綿密に計画して、必要なら証拠なども集めて、法律の専門家に相談するのもいいですね)により結婚生活(ささいなことの積み重ねですが、疎かにしているとある日大変なことになるかもしれません)にピリオドをうちました。

約14年ほど別居生活(後で振り返ると懐かしくなることもよくあります)を長く続けて、2006年に協議離婚が成立し、現在はお互い新しい人生を歩んでいるかもしれません。

更に、森進一さんと森昌子さんも熟年離婚(綿密に計画して、必要なら証拠なども集めて、法律の専門家に相談するのもいいですね)した芸能人としてよく知られていますよね。

どちらも大物芸能人という事もあり、当時は非常に注目されました。

両者とも演歌歌手(自分で作った歌を歌う歌手をシンガーソングライターともいいます)としてすごく人気(ロングセラー、ベストセラーという言葉もありますが、一瞬だけ集中して、後はすぐに廃れてしまうということも少なくありません)ですので、経済面での心配はなかったようです。

さらに野際陽子さんと千葉真一さんも熟年離婚(妻から言い出すことが多く、夫はその理由がわからないというケースも少なくありません)です。

おしどり夫婦といったイメージが非常に強かったので、熟年離婚した際には多くの方が驚かれたといわれているようです。

このとき、一見仲がいいと思っていても離婚する可能性があるのだと危機感を覚えた人も多いでしょう。

これ以外にも下條アトムさんや山城新伍さん、小倉一郎さんと言う人たちも熟年離婚を経験(しないよりもした方がプラスになるといわれていますが、時にはしない方がいいようなこともあるでしょう)しているのです。

そして、芸能人の場合、熟年離婚してから、再婚(離婚が珍しくない昨今では、再婚率も上昇傾向にあります)をするケースも少なくないみたいですね。

 

離婚届の証人と書き方
離婚する際の最後の手続きが離婚届けの提出です。不備があると書き直しになりますのでモレがないように記載しておきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加