化粧水の基本

化粧水の基本

洗顔後、多くの皆さんが化粧水を使っていると思います。 その化粧水、どのようにつけていますか。 コットンを使っている方、手で付けているという方など、様々な方法で化粧水を使っていると思います。
では、化粧水はどのように使うのが正しいのでしょうか。 化粧水を付ける際には、コットンは使わず、手で付けていくのが理想。 「でも、コットンの方が清潔では?」と思う方もいるでしょう。 確かに、コットンを使えば、清潔に化粧水を付けることが出来ます。 しかし、どんなに上質なコットンを使っても、肌に刺激を与えてしまいます。 肌に刺激を与えてしまえば、角質層に傷がついてしまいます。 傷が付けば、肌の潤い流れ出してしまうことになります。 そうなれば、乾燥を引き起こしてしまったり、肌老化の原因となってしまいます。 また、化粧水を付ける際には、手に取りパンパンと叩き込む方がいますが、その付け方も、肌に負担をかけてしまっていることになります。 化粧水を付ける際には、手にとり指の肌などを使って、化粧水を肌の中に押し込むように、優しく押さえていきましょう。 化粧水を付ける際には、時間をかけずにぱぱっと終わらせてしまう方も多いと思いますが、化粧水を付ける際には少し時間をかけてゆっくりと肌に入れていくことが大切。 同じ化粧水でも、少し時間をかけて肌に入れていくだけでも、付け心地が変わってくるはず。
ぜひ、今日からでも、化粧水を付ける際には時間をかけて優しく、じっくりと肌に浸透させるように心がけましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加